Interwovenはアジア太平洋地域で拡大

今月初め、同社は北京に2人の従業員を持つ中国初の事務所を開設した。今年は台北、台湾、ソウルでの事業も計画されており、継続的な拡大は収益の原動力となるWebベースのコンテンツの効率的な管理の必要性が高まっていることによるものだと述べた。

同社の主力製品TeamSite 5.5を含む同社のソリューションスイートは、コンテンツの集約、共同作業、管理、および配信を可能にします。この地域の顧客には、香港上海銀行、シンガポール電気通信事業、オプトス、台湾半導体製造業、海外の中国銀行、オーストラリア観光局、シンガポール航空およびカンタスが含まれます。

Interwovenのグローバル顧客には、ボーイング、デュポン、ファイザー、グラクソ・スミスクライン、ABNアムロ、バークレイズ・グローバル、ソニー・コンピュータ、ノーテル・ネットワークス、シスコシステムズ、ユナイテッド航空、スタンフォード大学メディカルセンター、米国郵政公社などがあります。

同社は最近、地域の経営陣に5人の幹部を追加した。彼らです

Interuoven Asia Pacificの副社長であるAnurag Srivastava氏は、金曜日の声明で、アジア太平洋地域におけるInterwovenの行動喚起は、地域の企業がより洗練された技術を採用してビジネスを改善しようとしているため進行中であると述べた。

織り合わされたものは、その年の収益見通しを開示することを拒否した。

1995年3月にシンガポールのOng Peng Tsinによって設立された同社は、現在、東京、香港、シンガポール、シドニーのスタッフをはじめ、同地域に約70名の従業員を雇用しています。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

以前はNetscape Communications Japanの取締役であったKawatani Tetsuyuki、以前はAriba Asiaのアライアンスを担当していたアジアパシフィック(シンガポール)、Derek Hunter、南アジア販売担当のDanny Goh CommerceOne Asiaの営業・ディレクター、Ariba Koreaの元ゼネラルマネージャーである韓国のJeong Beom Kim専務理事、アジア太平洋地域の財務担当ディレクターであるLynette Seah(シンガポール在住)は、 JDEdwardsとDBS銀行と一緒に。

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く