OracleとSAPを破壊する:お金、マークを見せる

最近のBusiness 2.0の記事によると、Marc Benioffは「OracleとSAPを破壊する」と約束しています。来週、セールスフォース・ドットコム・ドリームフォースのサーカスがサンフランシスコで開かれたとき、彼は彼の口がどこにあるかを彼のお金を入れる機会を得るだろう。ベニオフはエンタープライズソフトウェア市場のトップエンドを壊滅させる誇張を実証するために、彼が自慢し始めていることを示すためにも、それについて何か実際に何かをすることははるかに少ない。

BenioffのSAP / Oracle “killer”はAppExchangeです.Switch Servicesは、ソフトウェア会社が標準的なSalesforceの有用性を拡張するアプリケーションや機能を表示および販売できるオンデマンド市場を提供します。 comスイート。昨年5月に行われたBenioffの最後の大きなAppExchance shindigでは、多数のパートナーが出品し、多くのユーザーが賞賛を捧げました。

1つのことを除いて、すべて見栄えが良かった。お金はなかった。つまり、AppExchangeは、去年の春の時点で、私が話したベンダーにとって大きな収益を上げたわけではありませんでした。 Salesforceの誰もこの小さな問題が存在しないことを否定しませんでした。私が話した顧客は、次の機能を購入する場所としてAppExchangeを検討しているとは認めませんでした。私が話したものは、サンドボックスだとは思っていましたが、大部分はそれです。言い換えれば、彼らはクレジットカードを安全に自分の財布の中に入れたままにしていました。

一方、私が話しているAppExchangeパートナーの大半は、Benioffの誇大宣伝機にサインし、「概念実証」の開発を行うことに主に関心があります。翻訳:我々は、他の場所でお金を稼いでいる、乗っていただきありがとうございます。

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

したがって、Benioffを遠隔から真剣にエンタープライズソフトウェアの提供者に就職させる場合は、AppExchangeパートナーの実質的な収益である成功または失敗を実際に定義していることを誇示してください。 SAPとオラクルのパートナーはそれぞれのエコシステムで何百万という人々を育てることができますし、これらの2つの企業を「破壊」するにはさらに堅牢なエコシステムが必要です。

現在、AppExchangeのエコシステムは、主に大気、熱気に浮かんでいるようです。 AppExchangeで堅いドルが交換されている場合にのみ、Benioffが自ら宣言したライバルから市場シェアを獲得することについて話す以上に少しでもチャンスがあります。それまで、SAPとOracleの破壊は本当にすべてのことです。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します