液晶価格の低下によりアジアの売上が増加

International Data Corp(IDC)によると、2000年には約337,400台だったのに対し、今年は約173万台が出荷されるという。

クラウド、コネクテッド、クラウド時代にはより良いネットワークが必要クラウド、Huaweiはクラウドゴールで強気だが、スマートフォン、ZTEがクラウドソースデバイスの投票に参加、Axon 7 Miniを発表

この上昇は、「年間価格平均で56%の価格低下が拍車をかけている」とIDCアジアパシフィックのパーソナルシステムズ(Personal Systems Research)のアナリスト、マニー・ロペス(Manny Lopez)は語った。

Lopez氏は電話インタビューで、15インチLCDモニタが地域で平均380ドルで販売されていることが最も人気が高いと指摘している。これらのエントリーレベルモニターは、特に台湾と韓国のメーカーが大量生産していると付け加えた。

さらに、PCベンダーは、液晶モニタをコンピュータにバンドルしているため、採用が劇的に増加しています」と、Lopez氏は言います。

現在の厳しいPC市場の状況を考えると、地域の多くのベンダーが競合他社と差別化を図ろうとしています」と述べ、「LCDの最近の価格低下で、これらのモニターをPCにバンドルすることは、魅力的です。

同氏は、中国が今年LCD市場をリードすると見込んでいる。市場の約30%、つまり50万台が昨年の11,0​​00台から45倍に増えた。

しかし、利益にもかかわらず、今年のLCD出荷台数はモニター市場全体の約8%に過ぎず、残りの92%はブラウン管(CRT)モニターで構成されている。

同地域には、中国、インド、フィリピンなど、価格に敏感なユーザーが多いため、昨年出荷されたCRTモニターは約1980万台で、今年は約2000万台となる見通しだ。

来年、IDCは、景気の減速にもかかわらず、LCDモニターの売上高が78%増加し、300万台に達すると予測しています。中国と韓国はそれぞれ84%と200%の成長率でこの地域をリードする。

第3四半期の数字は、さまざまなベンダーがLCDモニター市場に参入する場所を示しています。韓国のLG電子は74,844台(市場の約13%)を販売した。第2位はサムスンで、市場シェアは12.9%だった。

これに続いて、Acer(12.4%)、Philips(11%)、中国のAOC(10%)が続いた。

第3四半期のアジア太平洋地域での出荷台数は約57万4000台で、第2四半期の出荷台数は倍増し、前年同期から7倍に増加しました。

iPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

Huaweiは雲の目標を強気にしているが、

ZTE、crowdsourcedデバイスの投票を開始、Axon 7 Miniを発表