Iomega StorCenter ix4-200dレビュー

ストレージ市場のリーダーであるEMCが所有するIomegaは、スモールビジネス、分散オフィス、ホームオフィスネットワークを対象とした4スピンドルのNAS(Network Attached Storage)デバイスであるStorCenter ix4-200dを発表しました。同社は、EMCのエンタープライズ・レンジの底と、アイオメガの中小企業向け製品のトップとのギャップを埋めると考えている。その理由は、データ保護と基本ストレージ機能に他の機能が追加されているからだ。

2TB、4TB、8TBの4つのディスクで使用できます – すべて4つのディスク – ix4-200dはRAIDレベル0と5、およびRAID 0のパフォーマンスとRAID 5のパフォーマンスを組み合わせたレベル10をサポートします。ディスクのraw容量の半分しか使用できません。私たちのレビューキットには、RAID 5構成で1.4TBのアクセス可能なストレージを提供した500GB SATA II Seagateドライブのやや厄介な四重奏が付属していました。

Iomegaの4ドライブix4-200d NASボックスは、2TB、4TB、8TB構成で提供され、RAIDレベル0,5,10をサポートします。

200dは、ロードバランシングまたはフェイルオーバーのためにボンディング可能なギガビットイーサネットポートを介して接続され、iSCSIエミュレーションに使用されるため、200dをエンタープライズストレージシステムに統合するか、別のNASにデイジーチェーン接続できます。その他の機能には、3つのUSBポートがあり、他のストレージデバイスをデイジーチェインしたり、ワイヤレスアクセス用のBluetoothドングルを差し込むことができます。

Linuxベースのデバイスは、EMC製のファイルシステムおよび管理ソフトウェアLifeline 2を使用して、Webインターフェイス経由で管理します.SMB上のWindows共有に加えて、CIFS、AFS、FTP、rsync、Bluetooth、NFSもサポートしています。幅広い環境での使用に適しています。 SNMPサポートが含まれていることは、デバイスがエンタープライズレベルのシステム管理ソフトウェアを使用して管理可能であることを意味します。バンドルの一部であるEMC Retrospect Expressを使用すると、1台以上のPCをバックアップできます。

Time MachineのサポートはMacをバックアップすることを意味し、IomegaはデバイスのVMware認定を話しています。つまり、仮想マシンを安全に保管することができます。つまり、EMCはVMwareのほとんどを所有しています。 Axisのカメラは現在のところ承認されていますが、監視カメラもサポートしていますが、Iomegaは将来的により多くのことを約束します。

しかし、StorCenter ix4-200dは企業だけではありません。また、UPnPを介して家庭や小規模ビジネス環境に統合され、DLNA(Digital Living Network Alliance)をサポートするため、プロジェクタに接続して家庭内のデバイスにビデオを送信することができます。

ソフトウェアはすぐに私たちのローカルサブネット上でix4-200dを見つけ、それをWindows共有に接続しました。インターフェイスは明確かつ使いやすく、DHCPを使用して最初に接続し、イーサネットポートのIPアドレスを設定し、リモートアクセスのDynDNSサポートを設定することで、小規模オフィスネットワークに適合するようにデバイスを設定することに問題はありませんでした。

バックアップ、パブリックアクセス、マルチメディアファイル用のフォルダが用意されています。ユーザを作成すると、適切な権限を持つホームフォルダが自動的に生成されます。

Iomega StorCenter ix4-200d(8TB)

デバイスの80mmファンは静かに動作し、SATA IIディスクの電源管理は、ディスクがスピンダウンしている間に16Wの電力を使用し、スピンするときに33Wを使用することを意味します。

これはどこにでも収まる素敵なデバイスであり、追加された機能があれば、競争相手に比べて良い価値があります。付加価値税を除いて539ポンドで、価格は619.85ポンドになる(2010年に付加価値税率が上昇するまで)。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン