IBMが$ 55Mの税金控除でATOと戦う

IBMはオーストラリア連邦裁判所に対し、連邦裁判所に対し、オーストラリアの子会社が支払ったロイヤルティに対して受け取った5,500万ドルの税金控除案に異議を申し立てた。

(IBMイメージ、Kansir、CC2.0)

先月オーストラリア租税事務所は、ソフトウェアとハ​​ードウェアの巨大企業とその子会社であるIBM World Trade、Corporationに、IBMが保有していたロイヤリティのために約2,600万ドルと2,900万ドルの追加納税を要求し、1 2005年1月31日から2009年1月31日まで、裁判所の文書によると、

IBMは、子会社に権利を与えた完全子会社のIBM Australiaとのソフトウェア使用許諾契約を締結していました。お客様が使用するプログラムをライセンスし、プログラムを使用して収益を上げ、プログラムを内部的に使用しました。

IBMオーストラリアは料金を払っていましたが、各プログラムのコピーを親に課税しました。 2006年の終わりに、IBMは、サービス・レベル契約の下でIBM Australia、IBMの子会社であるIBM World Trade Corporationに権利を提供するという義務を移転しました。

2003年、IBMは、2004年に租税事務所がIBM Australiaに対して発行した拘束力のある私的な判決に基づき、支払われた手数料の一部のみの5%のロイヤルティ税を引き下げました。

議論は、IBMの活動の一部のみであり、オーストラリアはIBMの知的財産権、権利または商標の使用に携わっていた。したがって、これらの活動の支払いのみがロイヤルティ税の対象となりました。

2005年1月1日から、IBMは、この同じ部門の活動が適用された、より少ない金額を引き続き支払った。 2006年には、1987年から2002年末までに支払ったATOからの税金を返還しようとした。払い戻しの申請は、ATOによって却下されました。

データセンター、IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Big Data Analytics、AIを使用して第2アフリカの研究機関で大量のデータを管理する人工知能、IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編; CXO; IBMが業界プラットフォームを立ち上げ、ブロックチェーン・ユニットを導入し、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブを交換

現在、ATOは2005年1月1日からのロイヤリティの全額を払うことを望んでいる.IBMは、裁判所への申請において、IBMだけが料金を支払うという宣言を求めているが、オーストラリアは、オーストラリアと米国との間の二重課税協定において「ロイヤリティ」が課税される。

IBMとIBM World Trade Corporationの両方が米国の居住者であり、裁判所の文書によれば、その税金の恩恵を受ける資格があった。

IBMはまた、「要求の2つの手紙が設定されるようにする」と訴訟費用の支払いを控えている。それを表すためにAllens Arthur; Robinsonを雇いました。

最初の方向のヒアリングは2009年8月3日午前9時30分に予定されています。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

IBMは業界のプラットフォームを立ち上げ、ユニットをブロックし、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブをスワップする