アジアにおけるLCD販売台数の急増

市場調査会社IDCによると、昨年のLCDの出荷台数は約173万台で、前年の337,400台と比較して今年出荷される。数字は日本を除いている。

クラウド、コネクテッド、クラウド時代にはより良いネットワークが必要クラウド、Huaweiはクラウドゴールで強気だが、スマートフォン、ZTEがクラウドソースデバイスの投票に参加、Axon 7 Miniを発表

IDCアジアパシフィックのアナリスト、マニー・ロペス氏は、「この上昇は、年間で平均56%の価格下落に拍車をかけている」と述べた。

この地域の平均で380ドルで販売されている15インチの液晶モニタは、最も人気があり、ロペス氏は言いました。これらのエントリーレベルモニターは、特に台湾と韓国のメーカーが大量生産していると付け加えた。

さらに、PCベンダーはますますLCDのバンドルを進めており、コンピュータを監視することで劇的な進歩を遂げています」とLopez氏は、中国最大のPCメーカーであるLegendを例に挙げて述べています。

現在の厳しいPC市場の状況を考えると、地域の多くのベンダーは競合他社と差別化を図っています。また、最近のLCDの値下がりに伴い、これらのモニターをPCにバンドルすることは、製品をより魅力的にする効果的な方法です。

ロペス氏は、昨年のわずか11,000台と比較して、市場の約30%(50万台)で、今年中国がLCD市場をリードすることを期待している。

この地域での利益にもかかわらず、今年のLCD出荷台数は全体の8%に過ぎず、残りの92%はブラウン管(CRT)モニターで構成されています。

IDCによると、昨年出荷されたCRTは約1980万台で、今年は2000万台が出荷されるという。これは、中国、インド、フィリピンなど、この地域の多くの「価格に敏感な」バイヤーのためだ。

来年、IDCは、この地域のLCDモニターの売上高が78%増加し、300万台に達すると予測しています。中国と韓国はそれぞれ84%と200%の成長率でこの地域をリードする。

iPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

Huaweiは雲の目標を強気にしているが、

ZTE、crowdsourcedデバイスの投票を開始、Axon 7 Miniを発表