インドはモニタリングシステムの予算を倍増

インド政府は、コールと電子メールをリアルタイムで監視するために使用できる集中監視システム(CMS)を開発するために、初期予算をほぼ7000万ドル(40億ルピー)に倍増しました。

特定の予算額は明らかにされていないが、予算増額は現地日刊紙The Hinduによって得られたプロジェクト文書に詳述されている。また、政府機関は、CMSを使用して監視し、リアルタイムで9億人のモバイルおよび固定回線ならびに1億6000万人のインターネットユーザーにインターセプト関連情報(IRI)を配信できると報告しました。

現在、すべての通信事業者とISP(インターネットサービスプロバイダ)のネットワークにインストールされている既存のLawful Interception System(LIS)を活用して、システムは音声通話、ソーシャルメディアの使用、ドラフトフォルダ内の部分的に書いた電子メールメッセージまで追跡できます。さらに、携帯電話のタワー情報を使用してユーザーの場所を特定します。

政府機関や企業は、通信事業者の事前承認なしに情報を監視し抽出することができる、とヒンズド教の報告書は述べている。 「CMSを使用すると、すべての権限は政府部門内で秘密にとどまる」と指摘した。

監視システムは、インドのデリーとハリヤナ州で首尾よく試行され、同様のテストがケララ、カルナタカ、コルカタで実施される予定である。ヒンズー教授は、2013年末までにおよそ十数の州を対象にしている、と指摘した。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促し、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命