IBM、BigFixを買収し、スマートなデータセンターのビジョンを推進

IBMは本日、IBMがスマートなデータセンターのビジョンを推進し続けるプラットフォーム技術を提供するBig Fix Softwareを買収すると発表した。取引条件は明らかにされていないが、Bloombergは価格を4億ドルと報告した。

同社は、ラップトップ、デスクトップ、サーバーなどの「コンピューティングエンドポイント」を1つの視点から監視、制御、自動化するIT管理プラットフォームを提供しています。

また、ITポリシーに準拠していないデバイスを特定し、50万台のマシンに対するセキュリティ修正やソフトウェアのアップデートを数分で行うことを推奨するビルトインインテリジェンスも備わっています。声明の中で、IBM TivoliソフトウェアのゼネラルマネージャであるAl Zollar氏は、

BigFixは、最も複雑なグローバルネットワーク全体で最も時間を要するITタスクの一部を自動化し、組織の時間、労力、および経費を大幅に節約します。 BigFixのグローバルな分散コンピューティング・デバイスに対するリアルタイムの可視性と制御機能は、IBMの既存のよりスマートなデータセンター製品を補完し、企業のファブリックにセキュリティを組み込む能力を強化します。

同社はまた、この買収を2006年以来セキュリティ関連分野で11位としています.BigFixはIBMのソフトウェアグループの一員になります。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する