日本、ベトナム、希少地との進展、原子力協力

野田喜彦首相とベトナムのグエン・タン・ダン首相は、ベトナムに2基の原子力発電所を建設する計画と、希土類金属の供給を進める上で協力していることを確認したという報告がある。

日本の外交部は、月曜日、両国首脳が第2回会合を開き、約5カ月ぶりに会談したことを明らかにした。会談は、日本とカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの5つのメコンデルタ国家間の首脳会談の傍らに開催された。

日本政府は、2010年に原子力発電所建設契約を獲得したが、福島で自然災害から日本が核危機に陥った後、ベトナムが核技術を引き続き輸入するかどうかに懸念があると指摘した。

ドン首相は、日本が「最先端の技術を使って最も安全な原子炉を建設する」ことを期待している、と述べた。

希土類金属の供給を開発する彼らの協力の上で、指導者は進歩を続ける努力がなされると、報告書は言った。日本は、中国が世界の供給の90%以上を支配しているため、ベトナムとその近隣諸国への供給を鋭意進めている。

3月には、欧州連合(EU)がハイテク製品製造の重要な要素である希土類材料に対する中国の輸出規制に挑戦するために、世界貿易機関(WTO)に公式の苦情を提出する際に、日米に加盟した。これに応じて、中国はWTOの法的境界内での紛争に対処すると述べた。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する