私の新しいAcer Aspire Z3オールインワンをマルチブートするLinux

これは休暇中に買った全く新しいコンピュータ、Acer Aspire Z3-710オールインワンデスクトップシステムのレビューを書いて、新しい年を始めるのに最適な方法です。私はこれまでに喜んで感心していた新しいコンピュータをセットアップしていない。

Linuxとオープンソース

Intel Core i5-4590T、2.0GHzクアッドコアCPU、8GB DDR3L SDRAM、1TB HDD 5400rpm SATA 6Gb / sec、Intel HD-Graphics 4600、23.8インチ(60.5cm)1920×1080ディスプレイ(タッチスクリーンではありません)。 4 x USB 2.0 / 2 x USB 3.0、ギガビット有線ネットワーク、802.11 b / g / nワイヤレスネットワーク、SDカードスロット、HDMI入出力ポート

私はAspire Z3がCHF 799のためにここに広告を見たのを見ました。(約740 /£540 / $ 800)、CHF 1,199の定価から3分の1です – 、私はLenovo T400を家の机。この決定に貢献したことはたくさんあります.T400はその時代を迎えています。私はLinuxをオールインワンで試してみたいと思っています。私のデスクトップは、T400ラップトップ、ドッキングステーション、外部キーボード、マウス、大型の外付けモニター、別のモニター、キーボードとマウスのラズベリーパイ、それにPiハードウェアが広がっています。それはただの時だった。

このシステムの構成はとても良く見えました

これらの印象的な仕様に加えて、私は物理的な設計とポート/接続の配置が非常に良いと思います

エイサーアスパイアZ3

最初のステップは、いつものように、それを箱から取り出してセットアップし、Linuxをインストールすることです。私が購入した最後のいくつかの新しいシステムと同様に、私はそれにWindowsをインストールしたり構成したりすることはありません。もう一度私はこのシステムに特に満足していました.Acer工場のディスクパーティション分割が、1TBディスクを2つの450GBパーティションといくつかの他の小さなパーティションに分割したことがわかりました。

ロケット科学者は、2つの大きなパーティションがWindows C:とD:ドライブであり、他のパーティションはさまざまなUEFIブートパーティションとWindowsリカバリパーティションであることを理解していません。だから、Linux用のスペースを作るためにパーティションのサイズを変更するのではなく、単にD:パーティションを削除するだけです。非常に素晴らしい。

もちろん、ディスクを消去してLinuxをインストールしたり、ディスクを交換して空のディスクにインストールしたりすることも可能です。しかし、このようにすれば、時間、労力、コストを最小限に抑えながら柔軟性を得ることができます。何か変なことが起こり、Windowsを実際に実行したいと思う人にこのシステムを渡す必要があります。

数日間/数週間/数ヶ月間使った後でもこのシステムがとても好きなのであれば、SSDのためにディスクドライブを交換することを検討するかもしれません。

ほとんどすべての接続とポートは2つのグループに分かれています(上記の最初の図では、電源、有線ネットワーク、2xUSB 2.0,1xUSB 3.0、HDMI In / Out)もう1つは左端にあります(1xUSB 2.0,1xUSB 3.0、SDカード、オーディオ出力)。HDMI出力は標準ですが、HDMI入力は本当に素晴らしい機能です。これはラズベリー私はそれに付属のものを使用したくないが、それはワイヤレスキーボードとマウスが含まれています。私はLogitech K350のような “Wave”キーボードと、マウスではなくLogitech M570のようなトラックボールを使うのが大好きです。ここで良いニュースは、付属のキーボードとマウス用のワイヤレスレシーバがシステム内部に統合されていないことです。システムの右下にあるUSBポートに差し込まれた通常のUSBナノドングルです。だから、私はそれを取り除き、Logitech Unifyingレシーバーをその場所に接続することができました – そして、私はまだかなり良いAcerワイヤレスキーボード、マウスとレシーバーを持っていて、誰かに渡すことができます。ちなみに、このユニットのスペックシートをチェックすると、3つのUSB 2.0ポートがあることがわかります。すでに使用されているため、4番目のポートはカウントされていません。 DVDドライブ。真剣に、システムの右端の上の画像を見てください、それはあります。私は多くの人々が光ドライブに興味を持っていないことを知っていますが、私はまだ時折必要なものがあります – 一部のLinuxディストリビューションはまだUSBスティックから起動しません – これを得るには本当にボーナスでした。非常に簡単です;それはタッチスクリーンではありません。私はタッチスクリーンを必要とせず、望んでいませんが、私が見たすべてのオールインワンのデスクトップには1つがあるように見えました。 Aspire Z3にはタッチスクリーンを備えた他のモデルがありますが、それはあなたのものです;ディスプレイの右下にディスクアクティビティLEDがあります。これはすばらしいことです。多くのシステムにはこれ以上のものはありません。特に、しばしば持つネットブックがあります。ああ、同じエリアにパワーLEDもある;それはベース/フットでかなり安定しており、ブラケットの穴はケーブルガイドとしても機能する;批判するものを見つけなければならないディスプレイの周りの境界線がかなり大きくなっています – 側面には1¼ “、底辺には1½”、上には1½ “です。

openSuSE(Tumbleweed)をインストールする私の普通のルートをまず取った。私はブート中にF12を押してブートセレクションメニューを得ることを推測し、それがうまくいった。最新のTumbleweedは全く問題なくインストールされました。インストールが完了した後で再起動するまで。それから私の運がなくなった。

openSuSEを起動するのではなく、Windowsを起動しようとしました。私はそれを止めて、起動中にF2を押してBIOSセットアップに入ることを試みました。それはうまくいかず、Windowsをもう一度起動しようとしました。あんな事はしないで!

それから、起動時に(一時的に)表示されたメッセージを読む時間を取って、「セットアップのためにDELを押す」と言われていました。一口。私が所有している他のすべてのAcerシステムは、これにF2を使用しています。これは、世界の大部分のPCと同様ですが、DELを使用しています。どのような賢いアイデア。私は誰かがこれをすることを決定したために自分自身を誇りに思うことを願っています。私はオリジナルのキーボードをチェックし、間違いなくF2キーを持っているので、なぜこの変更を完全に逃げさせるのでしょうか?

私は最終的にBIOSのセットアップに入り、他のどのAcerシステム(私は現在少なくとも4つの他のシステムを持っている)とはまったく異なっているのを見ました。これは非常に残念です。なぜなら、他のAcersのBIOSはどれも非常に似ていて、UEFIファームウェアシステムにLinuxをインストールするのが最も簡単で簡単だと思います。私は、この1つが非常に異なる場合、それはより多くのトラブルになる可能性があることを恐れていました – そして、私はそれについて正しいと判明しました!

Linux Live USB / DVDシステムをブートする、EFIブートパーティションをマウントする、/EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efiをbootmgms.efiに変更する、/EFI/opensuse/grubx64.efiをbootmgfw.efiにコピーする

あなたのLinuxデスクトップをカスタマイズする方法:MATE;あなたのLinuxデスクトップをカスタマイズする方法:シナモン;あなたのLinuxデスクトップをカスタマイズする方法:Xfce; openSuSE Leap RC1:ハンズオン:KaOS Linux 2015.10; LinuxのUEFIマルチブートシステム、Windows UEFIマルチブートシステム、Windows UEFIマルチブートシステム、Linux UEFIマルチブートシステム

しばらくの間セットアップを掘り下げた後、私はまだLinuxがインストールされ、起動するように設定されていることを確認できませんでした。私の他のAcerシステムでは、Linuxが追加されたときに起動リストに表示されますが、ここにはその兆候はありませんでした。私はまた、BIOSパスワードを設定せずにUEFI Secure Bootを無効にすることができることも発見しました。少なくともこれはこのシステムにとっては小さなプラスです。しかし、Secure Bootを無効にしても、システムをLinuxにブートさせることはできませんでした。

もちろん、私はUEFI BootからLegacy Bootに変更できました(私は持っていると思っていますが、実際にチェックしたり試してはいませんでしたが)、そうしたくありません。 UEFI Bootを有効にしてLinuxをインストールして起動することは可能です。

私は最終的にあきらめて、セットアップから出て、Linux Live USBスティックを起動しました。そこではUEFIブート設定(efibootmgr -v)を調べて、openSuSEが実際に追加されているのを見ましたが、ブートターゲットは非常に奇妙に見えました。他のすべてのUEFIシステムで慣れていたWindowsブートマネージャのように、まだそこに設定されていた。

私は手動でブート設定を修正し、保存して再起動しました。そしてもう一度Windowsを起動しようとしました! Arrrrggghhhh!

私はセットアップに戻りましたが、それでも役に立つものはまだ見つかりませんでした。私はLinux Live USBスティックをもう一度起動し、UEFIブート設定が最初と同じようにもう一度異なっていることがわかりました。私のセッティングでうんざりを止めよう!ただそれをやめて!

私はこのサイクルを何度か繰り返し、システムをopenSuSEをブートするように同調させるコマンドや組み合わせを見つけようとしました。運がない。

私はついにこれを断念し、HPとCompaqシステムで対処しなければならなかったのと同じような状況になると判断しました。実際にLinux EFI Boot ManagerのバイナリイメージWindowsのブートマネージャの代わりに。ああ。この時までに私はかなり怒っていました。そして、これが素晴らしいシステムが何であるかについての私の良い気持ちはすべて蒸発していました。

以前はUEFI Bootの設定について詳しく書いていましたので、詳細を知りたい場合はその記事を参照してください。要するに、私がしなければならなかったのは、

それはとても悪くはありませんが、面倒で刺激的で、間違ってしまうのは簡単すぎると私を信じてください。それは必要ではありません。その最悪の部分は、私は現在、HP / Compaqシステムのように、Acerが私のしたことに気づき、それを「修正」することを決めることを恐れているということです。それから、私はこのすべてをもう一度やらなければならないでしょう。ああ。ブレッチ。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています

私がそれをしたら、システムはついにopenSuSE Tumbleweedを起動し、物事は再び見上げ始めた。すべてが働いた。コンソールディスプレイ、1920×1080解像度、有線および無線ネットワーク、すべてのUSBポート、SDカードリーダー、すべて。そして、Core i5プロセッサーから期待されるように、それは本当に印象的に速いです。すごくいい。

私はそれがすべて大丈夫だったと自分自身を納得させるのに十分長い間働いていました。私はUEFIの設定を突然変えてリセットするつもりはないと自分を説得するのに十分な時間を再起動しました。次に、他のLinuxディストリビューションのインストールと設定について説明しました。

リストの最初はFedora 23(Gnome)でした。インストール時に問題や苦情は一切なく、インストール後にリブートしたときにopenSuSEが起動しました。私はUEFIのブート設定をチェックしました。Fedoraのエントリには、openSuSEで見たのと同じ奇妙なターゲットがありました。

少なくとも私はopenSuSEを通常起動し、それを使って他のLinuxディストリビューションを起動するので、少なくとも今はあまり問題にはなりません。私はgrub2-mkconfigを実行し、 ‘linuxefi / initrdefi’指示文を ‘chainloader’に変更しました。それから、私はリブートし、GRUBのブートリストからFedoraを選択しました。やめ!だから私はこれについてもっと良く感じています、そして、世界は再びすばらしい場所のように見え始めています。

Manjaro(KDE)、Debian(Gnome)、Mint(Cinnamon)、LMDE(MATE)、そしてUbuntu(Ick)のディストリビューションに行きました。すべて問題なくインストールされ、インストール後にすべてが起動できませんでした。私はopenSuSEのブート設定にそれらをそれぞれ追加し、それらはすべて機能しました。

最後に、私はTumbleweedに加えてopenSuSE Leapをインストールすることにしました。私はLeapがどのように発展しているかを見ることができるようにいくつかのシステムでこれを行います、そして、これは私の主要なデスクトップシステムになるだろうから、ここに持っているのは理にかなっています。 TumbleweedとLeapの両方を同じシステムにインストールする必要があるのは、異なるEFI Bootパーティションを与えることだけです.MintとUbuntuの競合のために2つのパーティションがすでに存在していたので、簡単でした。

それからショッカーが来た。跳躍のインストールが完了し、それが再起動されたら…それは跳躍した!何?どのように一体?どのようにそれを行うことができますか?私はそれを信じられませんでした。おそらく私はTumbleweedとLeapの両方に同じ/ homeパーティションを使用しているので、私はちょうど混乱したり、間違っていなかったかどうか、非常に慎重にチェックしました。

いいえ、間違いはありません。それは本当に飛躍していた。どのようにしてそれを可能にすることができますか?私はefibootmgr -vでブート設定を確認しましたが、今度はLeapのエントリが期待どおりに見えました。インストール後に最初のブート時に他のすべてが変更されたという奇妙なターゲットはありませんでした。

明らかに、openSuSE Leapのインストールでは、openSuSE Tumbleweedをはじめとする他のLinuxインストールとは多少の違いがありました。私は何度か再起動しましたが、これが安定していることを確認するだけです。そうだった。

私は長い間頭を傷つけていましたが、その違いを理解できませんでした。それは何かをしているか、何かを変えていなければならないかもしれません。あるいは、UEFIのブートプロセスに、このようにブート設定を残してもいいということを伝える隠された設定ファイルや参照ファイルなどです。しかし、私はそれが何で、どこにあるか把握することができず、インターネット上の任意の場所を参照することはできません。

だから、もし誰かがこれがどういう仕組みか、あるいはLeapがやっていることが分かっていれば、この設定がうまくいくのです。当分の間、私はこの作品の運が良かった星に感謝し、Tumbleweedを働かせるために行った他の変更を元に戻します。

つまり、grubx64.efiで作成したコピーを削除し、オリジナルのWindows起動マネージャーをbootmgfw.efiに戻しました。その後、他のLinuxインストール用の無関係な行をすべてEFIブート構成から削除し、元のWindowsブートマネージャーと新しいopenSuSE Leap GRUBブートと、openSuSEで最初に設定されたブート順序のみを残しました。次に、Leap GRUBの設定を変更して、デフォルトでTumbleweedを起動し、チェーンローダーの設定で他のすべてのディストリビューションを追加しました。

だから、要約する。 Acer Aspire Z3-710は素晴らしいオールインワンデスクトップシステムです。大好きです。 UEFIファームウェアブート構成を除きます。 HP / Compaqよりもさらに悪い。それは本当に残念です。しかし、openSuSE Leapはその問題を私のために解決して以来、私は再びZ3を愛しています。

私が試したLinuxのあらゆるバージョンは完全に動作します。すべてのデバイス、すべてのドライバ、すべてのハードウェアは、私が試したすべてのLinuxディストリビューションで動作します。

デスクサイドやデスクトップボックスがなく、ドッキングステーションはありませんが、デスクトップシステムのパワーとスピードと接続性があります。 2画面ラップトップ/外部モニタの設定を使わなくても、巨大なディスプレイを備えています。これは、私が今までに持っていたどんなラップトップ、ドッキングステーション、ポートリプリケーターよりも多くのUSBとHDMIポートを備えていて、典型的なラップトップやドッキングステーションよりもはるかに便利に置くことができます。

最後に。ホウこれはすべて治療になります。理由を理解したかっただけです。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします