Lenovoの販売台数:5,500万台のPC、5千万台のスマートフォン、9百万台のタブレット

世界最大のPCメーカーLenovoは、3月末までに年間5500万台のPC、5000万台のスマートフォン、920万錠を販売すると発表した。

Lenovo

Lenovo ThinkPad Yoga review:柔軟なハイブリッド・タブレット、Lenovo ThinkPad X240のレビュー:オールラウンドの卓越性、LenovoはGoogleの携帯電話ビジネスを$ 2.91Bで買収

同社は、通年の売上高を387億ドル(14%増)、純利益を8億1700万ドル(同29%増)と発表した。

世界のPC市場の17.7%を占めるLenovoは、今年度の市場シェアを2.1ポイント増やした(同期間中の業界全体の8%減と比較して) 。

同社はまた、過去4四半期の間に、PCよりもタブレットとスマートフォンの販売数が増えたとしている。現在、Googleのモトローラモビリティを獲得する過程にあり、従来のPC市場が引き続き縮小しているため、スマートフォン市場での取り組みをさらに進めるために、

地理的には、レノボの全世界販売の33%を中国が占めていましたが、第4四半期にLenovoの総EMEA収入が中国のPC収入を上回りました。レノボの米国PC事業は現在、世界全体の売上高の21%を占めており、米国では第4四半期に10.9%の市場シェアを持つ第3位のPCメーカーになるため、PC出荷台数でAppleを追い抜いた。

製品別の数字を見ると、Lenovoの世界的なラップトップPC事業は、第4四半期に16%増の48億ドルとなり、同社の全体売上高の51%を占めています。一般的な市場が縮小したにもかかわらず、同期間のデスクトップPCの売上高は14%増の27億ドルとなり、世界全体の売上高の29%に達しました。同社のスマートフォンとデジタル家電の売上高は13億ドル(同社の全体売上高の13%)に達し、Lenovoは第4四半期に世界のスマートフォンの出荷台数が59.4%増加したと発表した。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能