インテル、学校向け教育コンテンツアクセスポイントを開始

多くの学校区には、高速Wi-Fiネットワークを利用できるiPadsやChromebookが備わっていますが、接続性の悪いものもあれば、まったくないものもあります。インテルは、さまざまなネットワーク環境でコンテンツを提供するように設計された新しい教育コンテンツアクセスポイントで、これらの学校を支援したいと考えています。

教育コンテンツアクセスポイントは、設計上、飛行機に似ており、厚さは1インチを少し上回り、壁に取り付けることができます。内部にはAtom E3815プロセッサー、2GBのRAM、8GBのフラッシュストレージ、およびオプションの500GBハードドライブがあります。このデバイスはUbuntu 12.04を実行し、リチウムイオンバッテリを搭載しているため、電源から切断された場合に最大5時間のバッテリバックアップが可能です。

内蔵イーサネットポートまたは統合Wi-Fiのいずれかを使用してネットワークに接続できます。ローカルネットワークがない場合は、教育コンテンツアクセスポイントにオプションで携帯電話機能(教室用の個人的なホットスポットとして機能させることができます)を装備するか、付属のUSB 3.0ポート経由でファイルを転送することができます。 21オンスで、サーバーは必要に応じて部屋から部屋に簡単に移動できます。

教育コンテンツアクセスポイントは、ウェブブラウザを介して同時に最大50人の生徒にコンテンツを配信できます。学校システムは、レッスンや教材を教師用のハードドライブにロードすることができます。あるいは、教育者は、自分のレッスンプランやファイルをアップロードして提供できます。

インテルの新しいデバイスは、インターネット接続が制限されることが多い新興国の学校にとって特に魅力的でなければなりません。同社は教育コンテンツアクセスポイントを教育者の手に渡すため、さまざまな商用パートナーと協力しているとしているが、同社はサーバーの価格ガイドラインを公開していない。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ