10億ドルのデータセンターの請求書を逃れる

オーストラリア政府情報管理オフィス(AGIMO)の第1代務補佐官John Sheridanは、本日、連邦政府がデータセンターの支出を集約することによって達成したコスト削減について詳述しました。

ジョン・シェリダン氏が今日のガートナー・サミットに取り組んでいます(クレジット:Luke Hopewell /オーストラリアのウェブサイト)

「データセンターの目標を達成するためには、10〜15億ドルのコストを回避しなければならない10〜15年を見極めなければなりません。政府もそれは大金であり、それを実現するためのさまざまな方法があります」シェリダンは言った。

シェリダン氏は、Peter Gershon卿が2009年に連邦政府レベルでIT支出と調達を検討したことに追随しています。政府は、データセンターの導入を計画して、10億ドルの不要な費用を節約することを計画しました。シェリダン氏は、ガーション氏が連邦政府のICTに関するレビューを「精神的な瞬間」と見ていると述べた。

シェリダン氏は、データセンター向けのパネル調達の取り組みにより、既にドルの支出が数百万ドルに達していると述べた。

暫定的なデータセンターパネルを使用して、政府のデータセンター戦略が足止めをかけるまで、必要なサービス代理店を配置し、AGIMOはデータセンターの床面積のリース費用を30%、つまり700万ドル削減しました。

冷却やファンの運転で電力使用量を管理することで、政府はさらに3,500万ドルの支出を避けることができます。

「これは人々がこの意味で費やしているものの大幅な削減であり、私たちが必要とするような効果だ」とシェリダン氏は語った。

Sheridan氏によると、貯蓄は財政支出に限られるものではないという。

シェリダン氏は、「この作業の結果、約40,000トンの二酸化炭素が放出されるのを避けることができると我々は考えている」とシェリダン副社長は語った。 1年間の道

同氏は、仮想化を使用して既存のITインフラストラクチャからさらに多くのマイレージを得ようとしており、当初利用されていたサーバを30%で60%まで押し上げるとしていました。

「仮想化を利用することで、既存のコンピューティングインフラストラクチャをより使いやすくすることができます。

シェリダン氏によると、政府のデータセンター戦略のベンダーパネルは予定どおりだったという。既存の施設を使用してデータセンターを提供しようとするベンダーは、主に1つの代理店が既にスペースを取っていると話しているパネルにサインアップしていました。 AGIMOは、データセンターに移行し、ホスティング契約を設定するというコミットメントを必要とするベンダーをまだ完成させています。グリーンフィールドのデータセンターを構築しようとしていたベンダーを確定する作業も進んでいました。一方、データセンター移行パネルは進行中であり、「ほぼ完了」しています。

シェリダン氏は、政府のクラウド戦略のドラフトが今後数ヶ月で発表される予定だとも述べた。

彼は今朝ジャーナリストに、最終的な戦略文書は現在評価の最終段階を辿っており、プロセスが完了するとゲイリー・グレイ国務次官補に提出されると語った。

公式発表のために議会でそれを表にするには、グレイになるでしょう。

シェリダン氏によれば、大手ベンダー4社がこの草案に応えていたという。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性