CESのスマートホーム、IoTデバイスを紹介する韓国の通信会社

韓国最大の通信事業者であるSKテレコムは、スマートホームやIoT(Internet of Things)の成長を促進するため、今年新しいデバイスを発売する計画を発表した。

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

SKテレコムのコンバージェンス事業部バイスプレジデントの朴哲順(パク・チョルンウォン)副社長は、声明の中で、同社は通信事業の核となる領域以外の新しい事業分野で「成功」を模索していると述べた。コンシューマーショーへの参加は、グローバルなIoT市場にとっての「橋頭堡」になるだろう、と彼は付け加えた。

SKテレコムは、スマートホームおよびIoT事業を新たな成長エンジンとして推進するため、「ライフウエア」部門を含む現行の「スマート・アプリケーション」事業を拡大したと述べた。同社の姜鉉成(Kang Hyun-sung)スポークスマンは、「いくつかの新しいスマートデバイスはすでに開発中であり、今後これらの製品をさらに展開する予定です。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

イノベーション;•ブラジルでのM2M市場の復活:3D印刷、3D印刷、木材加工、銀行業務、バークレイズとのモバイル決済、フィンテックイノベーション、イノベーションのためのCommBankパートナー、地元の技術者の夢の実現を目指す