IBM、サービス・リサーチ・ラボを開始

IBMは木曜日に、クラウド・コンピューティング、分析、および配信に関するサービスを強化するための研究努力を開始する。

ビッグブルーの創設者であるサービス・イノベーション・ラボには、社内から集まった200人の専門家がスタッフを配置します。

多くの点で、IBMは近年行われてきたことを公式にしています。 IBMは、研究部門を使用してサービス・クライアントに知的財産を提供しています。およそ1,000人のIBMの研究者がサービスと分析に専念しています。

サービス・イノベーション・ラボは、IBMのトーマス・J・ワトソン・センター(ニューヨーク)、アルマデン(サンノゼ)、中国、イスラエル、インド、日本、スイス、ブラジルの他の拠点から運営されます。

IBM Global Technology Servicesの戦略的アウトソーシング担当ゼネラルマネージャであるスコット・ホプキンスは、このラボの目的は「科学的サービス」に焦点を当てることだと語った。シェルとニューヨーク州税務部門とのIBMリサーチ・コラボレーションは、リサーチ・サービス接続の例です。

IBMにとって、サービスラボは、アウトソーシングの会話をコスト削減から大きな問題の解決に変える努力です。ホプキンス氏は、研究努力の一環として、サービスの提供プロセスを繰り返し、自動化することを検討していると指摘した。

サービスイノベーションラボでは、クラウドコンピューティング、分析、サービス配信の自動化、およびモビリティに焦点を当てます。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル