Linux Mint 17:UEFI Secure Bootによるハンズオン

Linux Mint 17(Qiana)の最終リリースは週末に公開されました。リリースアナウンス(Cinnamon / MATE)では、リリースの概要を簡単に説明します。発表に含まれる2つの特に重要な情報

以前のLinux Mintリリースからこの新しいバージョンに更新することは可能です。 Clemは非常に長いHow to Upgradeドキュメントを書いていますので、「新しいリリースをすべて再インストールする必要があります」と尋ねる前にこのドキュメントを読んでください; Mint 17 Release Candidateを既にインストールしている場合は、レベル1の更新。

リリースノート(Cinnamon / MATE)には、リリースに関する技術的な詳細が含まれています。ここでは、Linux Mintリリースで問題になる珍しいものの1つを見つけることができます。それは言う

“あなたのシステムがsecureBootを使用している場合は、それをオフにしてください。”

これは絶対に必要ではありません。期間。 UEFIファームウェアとUEFI Secure Bootが有効になっている4つの異なるシステムにMint 17をインストールしましたが、いずれも問題はありませんでした。

私はISOイメージをダウンロードし、USBスティック(ddを使用)に直接コピーし、私の4つのシステムすべてでSecure Bootを有効にして起動しました。私はその後、UEFIまたはSecure Bootサポートのための特別な操作や考慮はなく、完全に正常なインストールを行いました。インストールが完了すると、UEFI Secure Bootを有効にして、インストールしたシステムも正常に起動しました。

リリースノートには、PAE以外のシステムでのブートについての非常に有用な情報もあります。これは前にコメントした質問です。

これらのいくつかの注釈のほかに、私ははるかに言いたいことはありません。私は、リリース候補についてもっと詳しく書いていました;それが2週間前に出てきたとき。私はこの最終版に大きな変更は見られません。インストール後に最新のパッチとアップデートを入手することは、常に重要です。また、Mint Updateのデフォルト設定では、安定性のためにレベル1〜3のアップデートだけがインストールされることに注意してください。これは、[環境設定]ダイアログで変更できます

また、このリリースでは、通常の更新ウィンドウにLevel 4と5のudpateが表示されるため、手動でインストールするよう選択できます。更新はウィンドウ内でレベル別に並べ替えられているため、これはちょっとやりにくいかもしれません。レベル1〜3のアップデートが利用可能な場合は、レベル4と5のアップデートが表示されないことがあります(スクロールしない限りリスト全体を通して)。レベル1から3のアップデートがインストールされると、これは見た目です

ああ、このポストを閉じるUEFIブートについての最後のコメント。以前のMint 16リリースの場合と同様に、UEFIブートディレクトリの名前は ‘ubuntu’となります。したがって、Mint 17とUbuntuを両方とも同じUEFIブートシステムにインストールする場合は注意が必要です。

Kali Linux 1.0.7でのハンズオン新しいノートブックでのハードウェアのアップグレード(いくつかのソフトウェアの頭痛)、アップデートの過負荷:新しいノートブックのセットアップ、ミントシナモンのホットコーナーでのハンズオン、openSuSE、Fedora、 Linux Mintなど、実用化:Linux Mint 17リリース候補

最初のブートディレクトリがインストールされた後にブートディレクトリの名前を変更するという最も明白な解決策は動作しません(それ以上は起動しません)。私が見つけた解決策は、2番目のEFI Bootパーティションを作成することですが、UbuntuもMintもインストール時に使用するUEFIブートパーティションを指定できないため、インストール後に2番目のEFIパーティションにブートディレクトリをコピーする必要があります。これは大したことではありません。あなたが両方のディストリビューションを1つのシステムにインストールするのに十分なだけ高度であれば、これを処理できるはずです。

参考文献

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする