日本:中国のスパイは軍事技術データを入手しようとした

日本政府は、中国の外交官を諜報活動に従事させていると非難し、いくつかの日本の防衛企業の職員に軍事技術に関する情報を提供している。しかし、中国はいかなる不正行為も否定し、「根拠がない」との主張を却下した。

読売新聞の報道によると、日本の警察は、李忠安(イ・チュンアン)氏は、国の軍事技術に関する情報を巧みに手に入れようとしたと述べた。東京の中国大使館の秘書官でもある李氏は、農業、林業、漁業省の秘密文書の内容を見たと言われている。

李容疑者は、東京などの国の最先端技術の研究に携わっているいくつかの日本の防衛企業や関係者の職員と会談したが、中国の人民解放部の諜報部筋は読売新聞に語った。彼らはまた、一部の企業関係者がLi氏に中国大使館を訪問するよう招待されたと付け加えた。

日本の警察署の公安局は、李容疑者がスパイ行為を行っており、PLAが軍事情報を入手するよう命じられたと信じていた。また、外国人登録法違反の疑いや、公証書に間違いを記入し、これらの書類を使用するなど、東京地検特捜部に細部まで届いた書類を送る予定だった。

日本の当局によると、2008年の初めのLiは、東京大学の研究者として得た外国人登録証を、銀行口座開設に乱闘した。 2008年4月、東京の区役所に虚偽の書類を提出し、大学の研究者として彼を示すことで登録カードを更新する疑いがありました。銀行口座の下で、彼は商業活動から利益を得たと言います。

外国人登録証明書は外国人に発行され、居住者名や居住地などの情報を持ちます。外国人登録法では、入国してから90日以内に市町村で申請し、警察の尋ねがあれば提示しなければなりません。

中国の外交通商部スポークスマン、劉武民(リウ・ウェイミン)は、李正義(イ・チュングァン)としてスパイ疑惑の疑いがある外交官の名前を確認したが、李容疑者がスパイに関与したことを否定した。

李忠ang(Li Chunguang)氏は、日本の研究に長年携わってきた学者であり、後に中国社会科学院から日本の中国大使館の経済課に招かれた。彼は任期終了後に中国に戻った。諜報活動に従事する李忠港のいわゆる報道は全く根拠がない。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

ヤン・ユー中国駐在中国大使のスポークスマンは、PLA諜報部の李氏が「根拠のない、そして不合理だ」との主張を否定した。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、