Facebookは米国以外の最初のエンジニアリングのためにロンドンを選ぶ

Facebookはロンドンに本社を置く新しいチームのエンジニアを採用しているという。

これは、米国以外のFacebookの最初のエンジニアリングセンターになります。このニュースは、今週のアマゾンの啓示によれば、ロンドンのハイテクハブとしての評判を高め、街にグローバルなデジタルメディア開発拠点を設立することになるだろう。

Facebookのソフトウェアエンジニア、Philip Su氏によると、ロンドンは「Facebookのエンジニアリングに最適」です。

「これはグローバルなハブであり、多くの優れた技術者を抱える活気あふれる地元のスタートアップコミュニティがあります。ロンドンのチームは、偉大なエンジニアのコアを構築することに重点を置いて小規模から始まり、モバイルやプラットフォームのような主要分野の製品を提供しています」とSu氏は書いています。

「メンロパーク、ニューヨーク、シアトルのようなロンドンのエンジニアはすばらしいアイデアを追求し、製品をすばやく出荷することができます」と同氏はブログの読者にFacebook Londonの新しいプロフィールページを案内しています。

新しいエンジニアが働くFacebookのロンドンオフィスは、Covent Gardenにあります。 Barbicanの近くに新オフィスを構えるAmazonと同様に、FacebookはいわゆるSilicon Roundaboutエリアにその拠点を置かないことを決めた。

コヴェントガーデンのオフィスのキャリアページには現在、22のオープンポジションが掲載されていますが、エンジニアリング関連の7つしかありません。

この動きは、Facebookにとって重要な週に起こり、木曜日に公開企業としての最初の成果を発表する予定だ。

ソーシャルエンタープライズ、LinkedInは新しいブログプラットフォーム、CXO、CIOに影響を与えるのは誰ですか?ここでは上位20社、アップル、アップルの立ち上げに対するTwitterの反応、ソーシャルエンタープライズ、マイクロインパクトのある人たちが、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えている

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

Appleの立ち上げに対するTwitterの反応

マイクロインフルエンサーは、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えています