富士通LifeBook P7010レビュー

幅が2.6cm、深さが19.9cm、高さが3.2-3.5cmのP7010の小サイズのトレードオフがあります。キーボードは縮小され、ワイドスクリーンの10.6in。表示は非常に小さくなる可能性があります。特に、Webをブラウズしているときはそうです。幸運なことに、画面の余分な明るさ​​と鮮明さがこの効果を緩和します。

以前のPシリーズLifeBooksは、右のシフトキーが普通のサイズの半分であり、隣に上向きの矢印があるという点で、キーボードの大きな欠陥がありました。誤って文章を強調表示し、通常の入力過程でそれを削除するのは簡単でした。 P7010の82キーキーボードは、その問題を修正しました – 右シフトキーはフルサイズに戻っていますが、逆のT字型のカーソルキーを保持するために、下の3つの句読点キー右側の列は約3/4の大きさに潰されている。ドットが必要なときにスラッシュを入力するのが簡単になりました。しかしそれとは別に、キーボードはタッチタイピストにとってかなり快適です。

多くのウルトラポータブルメーカーと同様に、富士通はPgUp / PgDn / Home / Endキーを捨てて、Fnキーと組み合わせてカーソルキーにこれらの機能を割り当てました。

以前のPシリーズLifeBooksのもう一つの問題は、彼らのかなり騒々しいファンと、彼らが下側でかなり熱くなったという事実でした。超低電圧(ULV)ペンティアムMプロセッサを搭載したP7010は、非常に静かなファンを備えています。このファンは、背面のヒンジに巧みに内蔵されています。見た目は、6メッシュ右後ろに。これらの機能により、P7010はより低温で動作します。メッシュには、電源ボタンが入った金属ストリップがあります。電源ボタンがオンの場合は青色に点灯し、充電中、使用中、または完全に充電中かどうかを示すその他のライト(点灯していないときは表示されません)が表示されます。スピーカーはこのメッシュシリンダー内にも配置されており、その小型サイズを考えれば驚くほど良い音です。

ナビゲーションには、2つの大きなボタンがスクロールボタンで区切られたトラックパッドが用意されています。

富士通は、P7010の小型シャーシに、以前のPシリーズモデルよりもわずかに高い価格で販売しています。これは、1.1GHzのULV Pentium Mプロセッサ、855GMEチップセット(統合グラフィックス(最大64MBのシステム512MB DDR RAM)、60GBの4,200rpmハードディスクを搭載)をベースにしています。

P7010の10.6インチワイドスクリーンディスプレイは、1280×768ピクセル(15:9アスペクト比)のネイティブ解像度を持ち、非常に明るく鮮明で、以前のモデルよりも大幅に改善されています。実際、それはこれまでに見た中でも最もシャープで、明るく、応答性の高いノートブックスクリーンの1つです。ソニーだけが「x-black」のスクリーンを持っています。

このような小型ノートブックの場合、P7010には、VGA、S-Video出力、10/100イーサネット、2つのUSB 2.0、1つのFireWireなどのポートとスロットが装備されています。これらのすべてのポートは、システムの設計の唯一の部分である脆弱なフラップの後ろに隠されています。また、右側にはオーディオポート(ヘッドホンとマイク)があります。左側には、電源ジャック、Type II PCカードスロット、CompactFlashスロット、(フラップ保護された)モデムポートがあります。 CompactFlashとPCカードスロットの下には、モジュール式のベイに9mm高さのCD-RW / DVD-ROMコンボドライブがあります。狭いスペースのため、ドライブを開くボタンはシステムの下に隠れていますが、まだ到達可能です。 802.11b / gワイヤレスネットワークのオン/オフを切り替えるスイッチの隣には、SDカード/メモリースティックスロットがあります。

付属のソフトウェアにはあまり意味がありませんが、フル装備のハードウェアがあれば、これについては気にするのは難しいです。 P7010にはWindows XP Professionalが搭載されており、Softex OmniPass 3.0、Cyber​​Link PowerDVD、Cyber​​Link PowerProducer、Sonic RecordNow DX、Sonic DLA、Adobe Acrobat Reader 6.0、富士通のハードウェアとアップデートツールが付属しています。ユーティリティCDにはNorman Virus ControlとNorman Personal Firewall 。

LifeBook P7010は、MobileMark 2002の得点が146点で、ノートブックのパフォーマンスの最先端にはなっていません(トップスコアシステムは現在200以上を達成しています)。ただし、特に512MBのRAMを搭載したレビュー構成では、日々の使用に十分な電力を供給します。フルモーションビデオはすばらしい画面上で見え、Pentium Mプロセッサーは以前のモデルのTransmeta Crusoeと異なり、不具合なくDVDを再生できるほど強力です。

MobileMark 2002は、デスクトップモードで3時間40分のバッテリ寿命を報告しています。これは、CPUがフルパワーで動作していることを示しています。これは良いことであり、より保守的な設定がかなり改善されます。レビューモデルには標準の6セル、4,800mAhのバッテリーが搭載されていましたが、オプションの第2の3セル2,300mAhユニットを449ドルでモジュラーベイ(通常は光学式ドライブが占有)に入れることができます。 5時間以上も使用してください。

LifeBook P7010には、1年間の国際限定保証が付属しています。これは3年間の現地保証まで延長可能で、追加料金はAU 300ドルです。

Fujitsu LifeBook P7010;会社名:Fujitsu;価格:AU 3,999;電話:1800 288 283

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン