9歳の「海賊」を襲った「過度の」著作権法に対するフィンランドのクラウドソーシングの反対は、

フィンランドの民間人権団体は、フィンランドの方法とは異質である著作権法をスパイクするため、50,000の署名を求めている。

ちょうど2日間で、Common Sense in Copyrightキャンペーンでは、フィンランドの議会でその提案が投票されるのに必要な50,000件のうち約18%が9,000件以上の署名を集めています。

この提案は、2005年に導入された著作権の修正版である「Lex Karpela」の「過剰を是正する」ことを目指しています。これは、選挙人がフィンランドよりも米国法制度に近いと言います。

このキャンペーンは、昨年、フィンランドの憲法修正案を活用するためにクラウドソーシングを利用する「市民社会組織」であるオープン・サステイットによって運営されており、議会が50,000人以上の支持者を持つ提案に投票する義務を導入した。

“Lex Karpelaは、米国の補償手続によく似ているフィンランドの法制度とは別の方針を作成しました。原告の要求額は、犯行とは関係なく、犯罪活動や被害の原因となっている」と述べた。

オープン・スミスは、法律の超過分を強調する目的で、最近の警察官の海賊容疑で逮捕された9歳のフィンランド人女性を指摘している。彼女の父親がフィンランドの著作権情報と著作権侵害対策センター(CIAPC)によって要求された600ユーロの侵害訴訟を拒否した後、彼女はウィニー・プーさんのラップトップを押収した。

その女の子がダウンロードされたと非難された音楽を持つフィンランドのポップアーティスト、Chisuは、その女の子に謝罪し、彼女は誰も訴えたくないと言った。

開かれた省は、「公然とキャンペーンを支持するために参加した文化的、企業的、学術的な分野の30人の影響力のある人々」からのインプットで慎重に一連の提案を作成したと述べている。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

「この提案の起草のすべての段階は、公開された省庁のプラットフォームに関するコメントやその他のアイデアを一般に公開しており、数多くの専門家や著作権機関から積極的なコメントが求められています。あまりにも厳しく、プライバシーと罰則の過度の侵害を許している」

概して、著作権で保護された素材をダウンロードする際に、フィンランドが2006年以前の著作権法に戻すことを望んでいるのは、犯罪ではなく「軽罪」である。

「著作権侵害の法案ではありませんが、著作権で保護された素材をインターネットからダウンロードすることは軽犯罪でなければならないことを示唆しています。

それはまた、パロディと風刺のため、そして教師のために、コイライトで保護された素材を公正に使用するように推進しています。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン